日々の生活に余暇を生むための生活サポートサイト

面倒なお掃除の時短テクニックとは

>

水回りの掃除時間を短縮するテクニック

キッチンの時短掃除テクニック

キッチンは毎日の食事を作る場であることから、ほこりが溜まっていては不衛生ですし、雑菌の温床となる生ゴミを輩出するだけに留まらず、油汚れをはじめ多数の調理汚れが生じ、水を使うことからカビの発生しやすい環境にあるなど、例え掃除時間を短縮するとしても毎日掃除が必要となる箇所でしょう。

キッチン掃除を時短するなら、ある程度省いても良いのは壁や床の汚れ程度で、排水口と調理器具の掃除、生ゴミの廃棄は毎日必須となりますが、生ゴミの廃棄に関しては時短の余地があり、生ゴミの一時廃棄場所となる三角コーナーにゴミ受け用のビニール袋を設置する際、ビニールを二重にすることで三角コーナー自体の汚れの蓄積を抑制し、三角コーナーの掃除頻度を減らしたり、生ゴミから生じる排水を古新聞等の不要な紙類に吸水させることで生ゴミの総量を減らしたりすれば、多少なりとも生ゴミにかける時間を短縮できるはずです。

トイレやバスルーム掃除を時短するコツ

水回りに類されるトイレやバスルームも使用頻度の高さと、それに伴う汚れやすさを考慮すると毎日掃除しなければなりません。

まず、トイレは毎日の換気と便器掃除を行うことで一定の清潔を保ち、一週間程度のサイクルで壁や床の掃除をしなければなりませんが、便器汚れを一定期間防ぐトイレ用洗剤を用いることで便器掃除の頻度を落とすことは可能です。

バスルームはトイレとはまた違った理由で毎日の掃除が必要で、その主な要因は水気の多さに起因しており、髪や皮脂といった汚れを餌とする雑菌や高湿で生じるカビが繁殖しやすい環境にあることから、シャワーによる浴室全体の簡易洗浄、浴室と浴室にあるお風呂用品の乾燥は行うべきですし、排水口も週に一回は掃除した方が無難なので、掃除を簡略化するよりは乾燥を補助する水切り用の掃除用具などを利用して時短しましょう。


この記事をシェアする