日々の生活に余暇を生むための生活サポートサイト

面倒なお掃除の時短テクニックとは

>

時短が求められる社会的背景

時短掃除のコツは掃除箇所を絞ること

掃除にかける時間を短縮することを目指す時短掃除は、掃除の手を抜くことを目的としてのものではなく、掃除の効率化を図ることで生活時間の最適化をはかり、生活時間の中に余暇や他の時間をかけたいことへかける時間を捻出するためのものです。

効率化には無駄を省くことが肝要で、掃除の効率化を図るなら掃除範囲を絞ることがはじめに試みるべきこととなりますが、これは単に掃除箇所を減らすのではなく、ほこりやゴミの溜まりやすい箇所と生活の中心箇所をベースとしつつ、ほこりやゴミがたまりにくく出入りが少ない箇所をローテーション化する掃除サイクルを組み上げることが必要となる他、定期的な掃除自体は欠かさない、継続性を持った掃除への取り組みも欠かせません。

普段掃除しない場所は雨の日に

掃除箇所を必要頻度別に分けると、リビング・水回りとそれ以外となり、来客が多いご家庭なら玄関掃除にも配慮が必要となるでしょうが、基本的にはリビングと水回りが毎日掃除するべき掃除の中心箇所で、それ以外は一週間サイクルでローテーションを組んで行うのが時短策の一つです。

ただ、掃除頻度の優先度が低い場所でも雨の日は例外で、多湿状況でほこりが舞いにくく、乾燥した汚れが湿度によって落としやすくなるのに加えて、雨水を掃除に利用できる状況は掃除に適した面があり、普段掃除する頻度が低い場所を中心としたローテーションを組むことによる掃除の効率化が見込め、大掃除に際して溜まりに溜まった汚れに長々時間を割かずに済みます。


この記事をシェアする