日々の生活に余暇を生むための生活サポートサイト

面倒なお掃除の時短テクニックとは

水回りの掃除時間を短縮するテクニック

キッチンやトイレ・バスルームのような水回りの掃除は、衛生面でもカビ対策でも重要性が高く、毎日の掃除が必要となることから、少しでも掃除時間を短縮することが求められるので、それぞれの掃除箇所の掃除のポイントや時短に役立つ道具について述べました。

日常に掃除を組み込むことによる時短

リビングは使用頻度の高さと人の出入りの多さが重なって、掃除優先度が高い箇所ですが、掃除箇所の優先順位を定めたからといっても、必ずしもそれを実行に移せる人ばかりではないことを踏まえ、何かのついでに行う、ながら掃除による掃除の日常化へも言及を試みています。

時短が求められる社会的背景

掃除時間の短縮とは掃除の効率化に他ならず、掃除の効率化を図るためには掃除に当たって、掃除箇所に優先順位を設けたり、優先順位の低い掃除箇所のローテーションを組んだりすることや、掃除効率が高い雨の日をチョイスした掃除などの工夫が求められることになるでしょう。

時短掃除のコツと普段掃除しない場所を掃除するタイミング

日本で掃除をはじめとした家事全般の時短はムーブメントを起こし、書籍の販売はもちろん講演が開かれることも珍しくはなく、一定の需要を持つに至りましたが、これにはもちろん理由があり、国際化による個人主義思想の浸透と核家族化の促進、更には日本の経済が成熟し、かつての好景気のような大幅な成長が望めなくなったことで、社会全体に労働形態の変化が求められ、共働きが当たり前の社会状況になったことなどが複合した結果、祖父母による育児のサポートが見込めず、生活のために使える時間自体が圧迫される家庭が増加したことこそがその原因です。

もっとも、核家族化による同居の減少傾向に関しては、家族間での問題が生じにくくなるため一長一短で、共働きは生活基盤を強固にできるだけでなく、パートナーが傷病で働けなくなった際の保険的にも機能することから、これらの変化は必ずしも負の側面ばかりではないのですが、生活のために使える時間や育児が十全に行えないことは紛れもないデメリットであり、その対策として時短への需要が生じることになりました。

時短は生活を効率化し、余暇や家事以外のための時間を捻出できる点において優れてはいるものの、働いて帰宅した後も時間に追われる羽目になりかねず、二十四時間、時間に追われ続けるという強迫観念が生まれかねないというデメリットもあるため、生活時間の圧迫に対しては時短以外にも対策が必要となりますが、雇用される側の労働者には打つ手はなく、企業による対策は望み薄なのが現状となります。